5年乗ったパジェロミニ、会社の同僚が新オーナーに

先日、約5年乗った愛車のパジェロミニを会社の同僚に売りました。私がこの車を買った時は彼はまだ
免許を持っていなかったのですが、横に乗った時にとても気に入ったようで、「俺も免許取りにいくから
飽きたら売ってくれ」と言っていたのが本当になってしまいました。

彼は去年の年末に免許を取得したのですが、パジェロミニは2013年に製造が終了していて、やっぱり
私の車を譲ってくれないかと話をもちかけてきたのです。

私も最近は車の維持費を払うのが苦しくなり、一旦車を手放したいと思っていたので調度良いタイミングでした。
売った値段は15万円で、彼は初心者なので私が横に乗ってレクチャーするサービス付きでした。

パジェロミニは他の軽自動車と比べるとやや運転感覚に癖クセがあり、慣れるまでちょっと時間がかかるのです。
免許取りたての彼の運転はぎこちなく、近所を回っているだけでも結構不安になりましたが、とても楽しそうでワクワク
している感じが伝わってきて、ああ、私もこの車を買った当初はこんな感じだったんだろうなあ、と懐かしく思いました。
車を手放した時、散々乗ってもう飽きたと思っていたはずなのに、心に穴があいたような寂しい気持ちになりました。
運転は好きなので、またお金に余裕ができたら是非車を購入したいと思います。

現在パジェロミニは彼が通勤で使っていて、毎日会社の駐車場に停まっています。毎日通勤がとても楽しいとのことで、
良いオーナーに引き取られて良かったなと思うのですが、体の一部ぐらいに乗り慣れたものが今や他人のものかと思うと、
ちょっと複雑な気分です。

友人からもらった外車を下取りした話し

私は現在32歳の男性です。今から7年ほど前に友人から外車を譲ってもらいました。それはキャデラックのコンコースです。当時で10年落ちくらいだったと思います。走行距離は10万キロ程度でした。なぜ譲ってもらったかというと、実は友人は私に借金をしており、その借金の代わりにということで、車を譲ってくれたというわけです。
私は当時、1台車を所有していたのですが、キャデラックにも乗ってみたいなと思っていたので、友人の提案を受け入れました。しばらく2台車を所有していたのですが、数ヶ月たってから、ガソリンの消費が半端なく多いのと、税金も高く、維持するだけでお金がかかりすぎるということに気づき、車を下取りに出すことにしました。
まずは、ネットで一括見積もりを出せるサイトに情報を登録して、相場を知ることにしました。しかし、キャデラックは恐らく台数も多くなく、さらにちょっと古いので、相場というものがはっきりわかりませんでした。そこで、実際に無料で出張査定をしてくれるという業者の人に来てもらい、査定してもらいました。査定額は5万円でした。5万円でもかなりサービスしており、実際にはほぼ0円に近いということでした。
最初は、それでもいいかなと思ったのですが、5万円なら誰かに譲ったほうがいいなと思い、知り合いで外車好きな人がいたので、話を持ちかけました。そうしたところ、10万円で買取りたいということでしたので、それで売ることにしました。その友人は車の整備が出来る人だったので、普通の人よりも中古車を買取るのに慣れていたのだと思います。